肝臓手術シュミレーションソフト

         
 
Colon
  DxMM ワークステーションを利用しながら
 肝臓の術前シュミレーションができます。
   
         
 

Elastic Registration処理の効果比較

  肝臓門脈と静脈
Ellastic Registration の処理なし
肝臓門脈と静脈の重ね合わせ
Elastic Registration の処理実施

Elastic Registration処理を行わない場合
→単純重ね合わせでは、異なるタイミングで撮影した、
血管の位置がずれている事がわかります。

  肝臓門脈と静脈の重ね合わせ
Ellastic Registration の処理なし
肝臓門脈と静脈の重ね合わせ
Elastic Registration の処理実施
           
  血管のセグメンテーション
図1 血管のセグメンテーション
1. Elastic Registration  
マルチフェーズの肝臓検査CTシリー ズデータを自動的に 
Elastic Registration を行なう。
Elastic Registrationとは異 なるタイミングでの 撮影デー
タは呼吸な どにより移動や変形 が生じるため、それ らを
補正して正しい 位置での画像の構成 を行う機能である。
この技術により異なる相で検出した肝動 脈、門脈、肝静
脈を 合成した3D構成を 行なう。
2. セグメンテーション  
健康な肝臓および病変部位の算出はワ ンクリックで容易に行える。
肝動脈、門 脈、肝静脈もワンクリックで抽出できる (図1)。
また、血管の支配領域の容量の 算出もセミオートで行える(図2)。
3. 肝切除シミュレーション  
肝切除の容量算出時には視覚的に分か りやすい3D表示で切除面の
設定や修正 が可能である(図3)。

 

4. 脂肪肝の判定  
肝臓と脾臓のCT値の比較による脂肪 肝の判定が行える。
また、肝臓と脾臓の 容量比が自動的に算出される。
       
  血管支配領域
図2 血管支配領域
             
  血管支配領域
図3 肝切除シミュレーション
5.肝臓手術シミュレーションソフト
手術検討時間の短縮と安全性の向上を両立させることができる。
           
   
東京都稲城市東長沼メダシス・ジャパン 個人情報保護