よくあるご質問

             
  このFAQコーナーでは、メダシスジャパン(株)にお寄せいただいたご質問の中から、 比較的頻度の高いものを選びご提供しています。
Q&Aに掲載されていない項目に対してのお問い合わせ受付けを用意しております。
             
   
             
    医用画像管理ビューワ DxMultiModality(DxMM)  
         
       
    Q1:DxMMが立ち上がりません。 確認方法
・PC背面のプリンターポートにHASPキーがささっているか確認してください。
・画面にDxMMのショートカットは作成されているか確認してください。
             
    Q2:DICOM接続が出来ません。 確認方法
・DCStoreServer上で正しく設定がされているかどうか確認してください。
(AETitle、ポート番号、名前 『大文字、小文字に注意』)
・設定した際、再起動したかどうか確認してください。
・接続先までの回線(ネットワーク、電話回線等)に問題がないかどうか
確認してください。
             
    Q3:メモリは何MBを奨励していますか? 現在、CTはヘリカルあるいはMDCTに移行しています。
一人の患者で、2000スライス位とることもあります(1GB)。
同様に撮像された同一患者の過去のイメージ(1GB) と比較しながら、
ページング機能で投影すれば2GB以上のメモリは必要と考えています。
メモリは大きければ大きいほど良いのですが価格対効果で1GB、大きい
画像や特殊用途で2GBを奨励しています。
             
    Q4:DICOMプリント機能は利用可能ですか? DICOMプリントはオプション機能をご購入いただくことで可能となります。
オプションライセンスはHASPキーにて管理しています。
             
    Q5:現在のDxMMでは起動時にディスプレイを
最大化して表示しますが、
起動時のWindow位置または大きさを指定することは
可能ですか?
DxMMを起動する時に最大化して表示することはプログラム的に固定されています。
Window位置や大きさを指定する事はできません。
       
    Q6:生年月日の設定はyyyy.mm.ddとなっていますが
DxMMでは対応していますか?
DxMMでは、生年月日のフォーマットはDICOM3.0の標準規格により
yyyymmddと決まっています。
       
    Q7:DXMMを使用しています。
オプションの追加をしたいのですが、
追加方法を教えてください。
まず担当営業にご連絡ください。営業から見積りが出ますので、
その見積りに対して、ご発注書を出してください。
その後、メダシスからHASPオプションの追加エグゼが届きますので、
HASPのID番号をご確認の上
(確認方法のページへ)、マニュアルを参照して作業をしていただきます。

必要なものは、
①HASP(該当ID番号のもの)
②DxMMのプログラムがインストールされているPC
③メダシスから送られた、オプション追加エグゼ
以上3点です。
オプション追加方法のマニュアルはこちらから ダウンロードできます。
             
   
       
    DxMM(画像)関連  
         
       
    Q1:画像が表示できません。 確認方法
・画像の検索先を設定してあるか確認してください。
・選択画面の検索先以外から画像を開く場合(他社の参照用画像、モダリティから
取得した画像)、その画像がDICOM画像かどうか確認してください。
・検索先とのネットワーク通信がとれているか確認してください。
  (コマンドでPINGが通るか?ルータ、HUB、LANケーブルに障害はないか?等)
・ウィルスソフト等のファイアオール設定を確認してください。・拡張子が".dcm"
となっているか確認してください。
             
    Q2:画像を選択できません。 確認方法
・ビューワでは検索の際に大文字と小文字の区別をしているので、検索の際にに
それぞれ の文字を入力してください。
・画像の検索先に各種メディアを指定している場合、そのメディアが挿入されて
いるか 確認してください。
             
    Q3:画像をエクスポートできません。 確認方法
・画像のエクスポート先の機器が起動しているかどうか確認してください。
・エクスポート先が設定してあるかどうか確認してください。
・エクスポート先までの回線(ネットワーク、電話回線等)に問題がないかどうか
確認してください。
       
    Q4:画像を共有できません。 確認方法
・ビューワどうしで共有を開始しているか確認してください。
・共有先を設定してあるかどうか確認してください。
・共有先までの回線(ネットワーク、電話回線等)に問題がないかどうか確認
してください。
             
    Q5:DxMMで認識できる画像の種類は何ですか? 場合によって可能な"画像形式"(transfer syntax)は下記のようになります。
・RLE images explict LE.(lossless 8bits,12bits,16bits)
・Jpega Lossy 12bits explicit LE
・Jpeg Lossy explicit LE
・Jpeg Lossless Huffmann expicit LE
・explicit LE
・implicit LE
             
    Q6:DxMMで画像を表示する際、必要としているTAGは
何でしょうか?
DxMMビューワはDicom3.0標準規格によって開発されています。DxMMにて
画像を表示する際、必要としているTAGはDicom3.0標準規格通りになります。
Dicom3.0標準規格によると、PS3.5によってTAGのタイプは五つあります。
・Type1: Required data elements
・Type1C: Conditional data elements
・Type2: Required data elements
・Type2C: Conditional data elements
・Type3: Optional data elements
Dicom標準規格については、
http://www.jira-net.or.jp/dicom/index.htmlが参考できます。
             
    Q7:受信した画像の保存名はどうなりますか?
また何枚まで保存できますか?
DCStoreServerで画像を取り込むと時に画像の名前はCRxxxxxやMRxxxxxなどの形
になりますが、画像の数は1つのモダリティの種類であれば最大999999枚になり
ます。
999999以上は取り込めません。
DICOM標準規格によるとDICOMDIRの画像の名前は8文字しか保存できません。
DICOMDIRはデータベースではなくて一般的に受け取った画像は専用のデータベース
に転送する方法になります。
       
    Q8:Photometric Interpretationというタグについて
教えてください。
これは画像の解釈方法のことで、Monochrome1の画像だと、pixelの最低値は
白い色で表示になります。Monochrome2の画像だと、pixelの最低値は黒い色
で表示になります。
             
    Q9:Photometric Interpretationというタグが
MONCHROME1になっている時と
MONCHROME2になっている時との違いを教えて
ください。
他のDICOMビューワでは同じMONCHROME1とMONCHROME2の画像が
同じように表示されるかもしれませんが、DxMMはMONCHROME1と
MONCHROME2の画像に対応していますので、上記の説明のように
Photometric Interpretationによって画像の表示がDicom3.0の標準規格
によって変わります。
             
    Q10:16bits jpeg losslessはDxMMに対応していますか? DxMM4.0以下ではlossless画像8bits以上だと対応していませんが、
バージョン4.1以降では16bits jpeg lossless画像も対応しています。
             
    Q11:画像の転送プロセスに関わる
DICOM画像の扱いについて教えてください。
DxMMからJpeg Lossyの画像を転送する場合,以下の転送方式があり、
Defaultでは、explicitです。
・RLE images explicit LE.(lossless)
・Jpega Lossy 12bits explicit LE
・Jpeg Lossy explicit LE
・Jpeg Lossless Huffmann expicit LE
・explicit LE
・implicit LE
            topに戻る
   
             
    DxMMオプション関連  
         
       
    Q1:DxMMでスキャナ取り込みしDICOM変換した画像が
他の汎用ビューワでみれません。
DxScannerでDICOM交換した画像はSecondary Capture画像ですが、
DICOM RLEかDICOM Jpeg Lossyという形式で保存されていますので、
他社のDICOMビューワがDICOM RLEかDICOM Jpeg Lossy画像に対応していないと
表示できません。
             
    Q2:DxScannerは12ビットグレートスケール画像に
対応していますか?
DxWin及びDxMMは12ビットグレートスケール画像に対応していますが、
DxMM4.2以前ではDxScannerは8ビットグレートまでの画像しか取り込めません
でした。
DxMM4.2以降では12、16ビットも対応しています。
TWAINinterfaceは12ビットスケール画像に対応していませんのでDxScanner
12ビットグレートスケール画像を取り込むことができません。
DxScannerは8ビットグレートスケール画像しか取り込めません。
             
    Q3:DICOMプリントの可能な用紙サイズは何ですか。 DICOMプリントの可能な用紙サイズは以下のようになっております。

8INx10IN
10INx12IN
10INx14IN
11INx14IN
14INx14IN
14INx17IN
24cmx24cm
24cmx30cm
             
   
            topに戻る
   
Dicom関連
 
         
       
    Q1:DICOMとは何ですか? ACR-NEMA委員会により制定されたディジタル診断画像機器のための
ネットワーク規格です。
詳しくは
http://medical.nema.org/を参照してください。
             
    Q2:DICOM画像とは何ですか? DICOM画像とはBMPやJPEGなどの画像フォーマットではなく、
医用画像(CTやエコー の絵そのもの)と撮影時の患者・
検査のタグ情報からできています。
よって、患者名、 検査IDはもとより患者の生年月日や性別、
検査機器や検査日時、
画像の輝度やサイズ もタグ情報に記述できるようになっています。
             
    Q3:DICOM CONFORMANCE STATEMENT
とは何ですか?
DICOMでは、DICOMに準拠した製品がどのように規格に適合しているのかを表
す明確な記述方法を定め、それを宣言するよう製造者に求めています。これを
コンフォーマンス・ステートメント(適合性宣言)といいます。詳しくは
http://www.jira-net.or.jp/dicom/index.htmlを参照してください。なお弊社のコンフォーマンス・
ステートメントは http://www.medasys.co.jp/cof.htm
をご参照ください。
             
    Q4:dicomdirのファイル名は何文字までですか。 dicomdirの中のファイル名はDICOM標準規格によって作られていて,
最大8桁までという条件が決まっています。
             
    最終更新日2009年7月14日  
            topに戻る
   
             
    Q&Aに掲載されていない項目に関してはE-mail又は電話にてお問い合わせ下さい。
メダシス・ジャパン株式会社
〒206-0802 東京都稲城市東長沼2120-6-101
TEL : 042-370-6421 FAX : 042-370-6422

support@medasys.co.jp
 
             
            topに戻る
             
             
東京都稲城市東長沼メダシス・ジャパン 個人情報保護